どうしてクレジットカード現金化が危ないのかを解説

お金に困っている時は「クレジットカードを現金化してみてはどうか」と考えたりしますよね。
ですが、クレジットカード現金化には危ない一面があります。
クレジットカード現金化が具体的にどう危ないのかを、わかりやすく解説します。

利用停止および強制解約の可能性

クレジットカードのショッピング枠を悪用する現金化は、カード会社が規約で定めて禁止にしています。
そのため現金化が発覚した場合、規約違反になるのは間違いありません。
現金化は重大な規約違反なので、利用停止や強制解約のペナルティとなる可能性が高いです。
そうなれば現金化できないばかりか、買い物や各種料金の支払いもできません。
つまり、クレジットカードが一切使えなくなってしまいます。
それまで普通に使えていたクレジットカードが使えなくなったら、決済がとても不便になるのは想像に難くありませんよね。
現金化は利用停止や強制解約になるかもしれないので、危ない橋を渡る行為だといえるでしょう。

支払いをまとめて請求されて対処できない

カード会社に現金化が知られて強制解約になった場合、支払いをまとめて請求されます。
クレジットカードの現金化を企てるぐらいなので、お金に余裕はありませんよね。
余裕がないにもかかわらず支払いをまとめて請求されたら、簡単には対処できない可能性が非常に高いです。
運良く支払えればどうにか大きな問題にならずに済ませられますが、場合によっては大きな事態に発展する恐れもあります。
たとえば、給料や金融機関の口座を差し押さえられてしまうケースです。
そうなったらお金の管理に大きな影響が出るので、カード会社ときちんと話し合って支払う意向を示しましょう。
誠意を見せれば、カード会社も強引な手段は取らないはずです。
かなり危ないので、クレジットカードの現金化はしないのが賢明な判断です。

結局損をしてしまう

クレジットカードの現金化は、結局損をしてしまうのが目に見えています。
いくら換金率の高い現金化業者を利用しても、手に入れた現金と実際に支払う額には差が生じます。
換金率が高くても、100%ではありませんよね。
後々には、買った商品の代金を絶対に支払わなければいけません。
お金がないからクレジットカードを現金化するわけで、支払うのが苦しいのは容易に想像できます。
とりあえず現金が手に入るので一時的に楽にはなりますが、結局損をしてしまいます。
1度や2度の利用ならどうにかやり繰りして乗り切れるかもしれませんが、何回も繰り返せば大損するのは避けられません。
もしお金に困ってキャッシングやカードローンを利用すれば、それらの支払いにも窮することになります。
それで借金が膨れ上がったら引き返せないですし、もっと危ない状況に陥ってしまいます。
結局損をしてしまうぐらいなら、最初から利用するべきではありませんよね。
危ない行為だと意識することが大切です。

まとめ

どうしてクレジットカード現金化が危ないのか、危ない点を具体的に挙げて解説しました。
利用停止や強制解約、まとめての支払いなど、クレジットカード現金化は危ない点が多いです。
また、結局損をしてしまうところが、最も危ない点だといえるでしょう。
かなり危ない行為なので、その点を十分理解しておく必要があります。